ふぃむろぐ!

プロ野球 語学 クイズ ペンギン etc.

2018ドラフト1位ルーキーの前半成績を総まとめ!【一・二・三軍成績】

2018年ドラ1ルーキーの前半戦成績を総まとめ!

こんにちは。ふぃむろぐ!のwhimです。

オールスターも終わり後半戦真っただ中のプロ野球
少々気が早いかもしれませんが、昨年のドラフト1位ルーキーの前半戦(一軍のオールスター前まで)の活躍・成績を寸評とともにまとめてみました!
もちろん一軍だけではなく、ファーム(二軍・三軍)の成績もまとめてありますよ。

新人王の予想をするもよし、後半戦の活躍を妄想するもよし、素材型のドラ1がファームでどんな成績を残しているのか調べるのもよし。
野球ファンどうしの酒のツマミにでもしてくれれば幸いです。

それでは早速見ていきましょう。
2017年ドラフトの指名順で掲載していきます。

 

 

安田尚憲(千葉ロッテマリーンズ・外れ1位)

安田尚憲
NPB公式サイトより

安田 尚憲(やすだ ひさのり)

内野手・右投げ左打ち

1999年4月15日生(19歳)

履正社高 → 千葉ロッテ(2017ドラフト①)

一軍出場なし

「高校BIG3」の一角、安田尚憲選手はまだ一軍出場を果たしていません。

オープン戦では一軍メンバーとして8試合に出場するも、プロの壁に阻まれなかなか結果を残すことができませんでした。
3月6日の巨人戦でオープン戦初安打をサヨナラタイムリーとして記録するも、最終的な打率は.077。一軍で通用する技術・体力を身につけるために開幕二軍が決まります。
ファームでは開幕から全試合に出場。首脳陣の期待にこたえ、高卒1年目としてはそれなりの成績を残しています。
後半戦の一軍デビューが楽しみですね。

安田尚憲・二軍成績

二軍 試合数 打席数 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 三振 四球 死球 打率 出塁率 長打率 OPS
安田尚憲 72 283 254 64 10 3 4 35 73 25 1 0.252 0.362 0.318

0.68

 

千葉ロッテマリーンズオフィシャルイヤーブック2018

千葉ロッテマリーンズオフィシャルイヤーブック2018

 

 

村上宗隆(東京ヤクルトスワローズ・外れ1位)

村上宗隆
NPB公式サイトより

村上 宗隆(むらかみ むねたか)

内野手・右投げ左打ち

2000年2月2日生(18歳)

九州学院高 → 東京ヤクルト(2017ドラフト①)

一軍出場なし

村上宗隆選手はまだ一軍出場を果たしていません。

高校時代は強打の捕手としてその名を轟かせていましたが、ヤクルト入団後は内野手三塁手)に転向。球団は守備の負担を減らし、打撃一本で勝負する道を取らせます。

3月18日のソフトバンクとのオープン戦で一軍デビュー。その試合でいきなり4打数2安打のマルチヒットを記録し、そのポテンシャルの高さを見せつけます。

球団の方針から開幕は二軍で迎えますが、前半戦ほぼ全試合に出場し、打率.287・10本塁打と期待を遥かに上回る活躍を残しています。

現在一軍の野手はベテランが多くを占めていますが、遅かれ早かれそんな野手陣にとっての新しい風となってくれることでしょう。

村上宗隆・二軍成績

二軍 試合数 打席数 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 三振 四球 死球 打率 出塁率 長打率 OPS
村上宗隆 73 320 272 78 17 0 10 49 64 47 0 0.287 0.46 0.391 0.85

 

96敗――東京ヤクルトスワローズ~それでも見える、希望の光~

96敗――東京ヤクルトスワローズ~それでも見える、希望の光~

 

 

清宮幸太郎(北海道日本ハムファイターズ・1位)

清宮幸太郎
NPB公式サイトより

清宮 幸太郎(きよみや こうたろう)

内野手・右投げ左打ち

1999年5月25日生(19歳)

早稲田実業高 → 北海道日本ハム(2017ドラフト①)

初出場:5月2日 東北楽天戦 6番・指名打者
初安打:5月2日 東北楽天岸孝之から中二塁打(2回裏)
本塁打:5月9日 オリックス戦 ブランドン・ディクソンから右ソロ本塁打(2回表)
初打点:5月9日 オリックス戦 ブランドン・ディクソンから右ソロ本塁打(2回表)

高校通算111本塁打の実績を引っさげ、鳴り物入りで入団した清宮幸太郎選手。
オープン戦では一軍に抜擢されるも、やはりプロの壁に苦しむことになります。7試合出場してヒットが出ず、それに加えて体調を崩してしまい開幕を二軍で迎えることが決まります。

5月2日に一軍初昇格が決まると、その日の試合で初出場。プロ初打席初安打初スイングでフェンス直撃の二塁打を記録します。
5月9日にはプロ初本塁打も記録。まさに「スラッガー」というべき美しい弾道の一発でした。

ただ、全体的に変化球へ対応できない場面が目立ち、5月末に登録抹消。オールスター直前に再昇格されるまでの1ヶ月間を二軍で過ごします。

二軍では15本塁打を放ち、目下単独ホームラン王。ただやはり課題は確実性で、ここまで打率.226と対応に苦しんでいます。
間違いなく素質はナンバーワンの選手ですので、この先「育成の日本ハムが彼をどのように育て上げていくのかが楽しみですね。

清宮幸太郎・一軍成績

一軍 試合数 打席数 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 三振 打率 出塁率 長打率 OPS
清宮幸太郎 23 74 69 12 2 0 1 2 29 0.174 0.246 0.23 0.476

清宮幸太郎・二軍成績

二軍 試合数 打席数 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 三振 四球 死球 打率 出塁率 長打率 OPS
清宮幸太郎 39 163 146 33 6 0 15 36 42 14 1 0.226 0.575 0.294 0.87

 

育てる力

育てる力

 

 

鈴木博志(中日ドラゴンズ・外れ1位)

鈴木博志
NPB公式サイトより

鈴木 博志(すずき ひろし)

投手・右投げ右打ち

1997年3月22日生(21歳)

磐田東高 → ヤマハ → 中日(2017ドラフト①)

初登板:4月1日 広島東洋戦 中継ぎ投手として(8回裏)
奪三振:4月1日 広島東洋安部友裕から空振り三振(8回裏)
初勝利:4月21日 広島東洋戦 1.1回無失点(8回表)
初ホールド:4月4日 読売戦 1回無失点(8回表)
初セーブ:7月7日 東京ヤクルト戦 1回無失点(9回表)

最速157km/h右腕として入団した鈴木博志投手。
不安定な中継ぎ陣を強化する即戦力投手として期待されての獲得でした。

オープン戦では6試合を投げて失点0。まさに即戦力としての期待通りの活躍を見せ、開幕一軍を勝ち取ります。
4月1日に初登板を果たすと、4月は新人らしからぬ投球で11試合を投げて2失点の好投。
ただ、5月以降失点する試合が増え、また代名詞である三振も徐々に減ってきているのが気がかりです。
守護神を任せられる試合も増えてきたので、またシーズン当初のような輝きを取り戻してくれることが期待されます。

鈴木博志・一軍成績

一軍 登板 勝利 敗戦 ホールド セーブ 失点 自責点 防御率 投球回 与四球 死球 奪三振
鈴木博志 40 4 3 11 3 17 14 3.35 37.2 16 1 32

 

 

田嶋大樹(オリックス・バファローズ・1位)

田嶋大樹
NPB公式サイトより

田嶋 大樹(たじま だいき)

投手・左投げ左打ち

1996年8月3日生(21歳)

佐野日大高 → JR東日本オリックス(2017ドラフト①)

初登板:3月31日 福岡ソフトバンク戦 先発
奪三振:3月31日 福岡ソフトバンク今宮健太から空振り三振(1回裏)
初勝利:3月31日 福岡ソフトバンク戦 5回1失点

社会人ナンバーワン投手の呼び声が高かった田嶋大樹投手。競合の末、抽選で11連敗中だったオリックスが交渉権を獲得します。

開幕一軍、そして開幕カードでの先発を勝ち取ると、味方の援護もあり初登板で初勝利を果たします。2018年の新人では最も早い勝利でした。
6月までに6勝を挙げ、新人王争い最右翼と目されていましたが、6月27日に左肘を痛めてしまい登録抹消されてしまいます。
復帰は8月とも9月とも言われており見通しが立っておらず、今後の展開が非常に心配です。
無理して昇格させるようなことはせず、完全に状態が回復してから復帰してくれることを望みます。

田嶋大樹・一軍成績

一軍 登板 勝利 敗戦 ホールド セーブ 失点 自責点 防御率 投球回 与四球 死球 奪三振
田嶋大樹 12 6 3 0 0 33 31 4.06 68.2 24 4 69

田嶋大樹・二軍成績

二軍 登板 勝利 敗戦 ホールド セーブ 失点 自責点 防御率 投球回 与四球 死球 奪三振
田嶋大樹 1 0 0 - 0 0 0 0 3 0 0 4

 

ベースボールサミット第9回 特集オリックス・バファローズ いつも、心に『Bs spirits』!!

ベースボールサミット第9回 特集オリックス・バファローズ いつも、心に『Bs spirits』!!

  • 作者: 『ベースボールサミット』編集部
  • 出版社/メーカー: カンゼン
  • 発売日: 2016/04/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

原拓也読売ジャイアンツ・外れ外れ1位)

鍬原拓也
NPB公式サイトより

鍬原 拓也(くわはら たくや)

投手・右投げ右打ち

1996年3月26日生(22歳)

北陸高 → 中央大 → 読売(2017ドラフト①)

初登板:5月31日 北海道日本ハム戦 先発
奪三振:5月31日 北海道日本ハム鶴岡慎也から空振り三振(2回表)
初勝利:6月14日 福岡ソフトバンク戦 5.2回4失点

大学時代は伸びのあるストレートとキレのあるシンカーで高い奪三振率を記録し、「東都のドクターKと呼ばれていた鍬原拓也投手。

残念ながら1月ごろにコンディション不良が判明し、その段階ですでに開幕一軍入りが絶望的になってしまい、春季キャンプは三軍でのスタートでした。
怪我を治した後は三軍と二軍で結果を残し、5月31日に初昇格・初登板を果たします。

ソフトバンク戦で初勝利を飾るものの、ホームランを浴びて失点する試合が多く、オールスター前に抹消されてしまいました。
一軍でもその奪三振力は遺憾なく発揮できているので、後半戦以降、一軍レベルにアジャストしてくれるのを期待したいですね。

原拓也・一軍成績

一軍 登板 勝利 敗戦 ホールド セーブ 失点 自責点 防御率 投球回 与四球 死球 奪三振
原拓也 6 1 2 0 0 22 21 6.83 27.2 17 3 35

原拓也・二軍成績

二軍 登板 勝利 敗戦 ホールド セーブ 失点 自責点 防御率 投球回 与四球 死球 奪三振
原拓也 5 2 2 - 0 9 7 2.39 26.1 15 1 37

原拓也・三軍成績

三軍 登板 勝利 敗戦 ホールド セーブ 失点 自責点 防御率 投球回 与四球 死球 奪三振
原拓也 2 1 0 - 0 3 3 2.7 10 1 0 9

 

GIANTS 2018 奮輝 (YOMIURI SPECIAL 113)

GIANTS 2018 奮輝 (YOMIURI SPECIAL 113)

 

 

近藤弘樹(東北楽天ゴールデンイーグルス・外れ外れ1位)

近藤弘樹
NPB公式サイトより

近藤 弘樹(こんどう ひろき)

投手・右投げ右打ち

1995年6月27日生(23歳)

安佐北高 → 岡山商科大 → 東北楽天(2017ドラフト①)

初登板: 6月6日 読売戦 先発
奪三振:6月6日 読売戦 亀井善行から空振り三振(1回裏)

最速153km/hの本格派右腕として中国大学野球で活躍していた近藤弘樹投手。
即戦力投手として開幕ローテーション入りを期待されるも、フォームのバランスを崩してしまったために実戦登板がないまま開幕二軍が決まります。

ファームでは先発ローテーション入り。6月6日に初昇格・初登板を飾ります。
5回途中2失点と好投していたものの、足が痙攣してしまい残念ながらそのまま降板し敗戦。
その後も中日戦に登板するも負けてしまい、前半戦では勝ち星を挙げられないまま抹消されてしまいました。

抹消後の二軍では安定した投球を続けているため、後半戦で再び先発のチャンスが巡ってくることになると思います。
今度こそ初勝利を勝ち取れることを願っています。

近藤弘樹・一軍成績

一軍 登板 勝利 敗戦 ホールド セーブ 失点 自責点 防御率 投球回 与四球 死球 奪三振
近藤弘樹 2 0 2 0 0 6 6 5.59 9.2 5 1 5

近藤弘樹・二軍成績

二軍 登板 勝利 敗戦 ホールド セーブ 失点 自責点 防御率 投球回 与四球 死球 奪三振
近藤弘樹 12 4 4 - 0 27 19 3.04 56.1 19 2 42

 

せんだいタウン情報 S-style 2018年4月号

せんだいタウン情報 S-style 2018年4月号

 

 

東克樹(横浜DeNAベイスターズ・単独1位)

東克樹
NPB公式サイトより

東 克樹(あずま かつき)

投手・左投げ左打ち

1995年11月29日生(22歳)

愛工大名電高 → 立命館大 → 横浜DeNA(2017ドラフト①)

初登板:4月5日 阪神戦 先発
奪三振:4月5日 阪神戦 髙山俊から空振り三振(1回表)
初勝利:4月12日 読売戦 5.1回3失点

立命館大学時代はノーヒットノーランを達成するなど、「大学ナンバーワン左腕」と称されていた東克樹投手。
今永昇太、濱口遥大ら左腕先発投手が活躍している横浜DeNAが単独1位で一本釣り。

オープン戦では3試合に登板し、いずれも失点0に抑え、開幕ローテーションの座を勝ち取ります。
先発陣が不安定なDeNAにあって極めて安定した投球を続け、新人ながらオールスターに選出。
オールスター前までに6勝を挙げ、セ・リーグ新人王の最有力候補と目されています。

残念ながらオールスター明け最初の登板で緊急降板、翌日には抹消されてしまいましたが、幸い大きな怪我ではなかったようですので、後半戦で10勝の大台に乗せてくれる活躍を期待しましょう。

東克樹・一軍成績

一軍 登板 勝利 敗戦 ホールド セーブ 失点 自責点 防御率 投球回 与四球 死球 奪三振
東克樹 13 6 4 0 0 28 26 2.79 84 25 1 79

東克樹・二軍成績

二軍 登板 勝利 敗戦 ホールド セーブ 失点 自責点 防御率 投球回 与四球 死球 奪三振
東克樹 1 1 0 - 0 2 2 2.57 7 1 0 6

 

横浜DeNAベイスターズオフィシャルイヤーマガジン 2018 ([テキスト])

横浜DeNAベイスターズオフィシャルイヤーマガジン 2018 ([テキスト])

 

 

齊藤大将(埼玉西武ライオンズ・外れ1位)

齊藤大将
NPB公式サイトより

齊藤 大将(さいとう ひろまさ)

投手・左投げ左打ち

1995年6月3日生(23歳)

桐蔭学園高 → 明治大 → 埼玉西武(2017ドラフト①)

一軍出場なし

齊藤大将投手は前半戦の一軍出場がありませんでした。

明治大時代は主にリリーフのエースとして活躍。
一方で先発では完封・完投のできる能力もあり、西武としては先発左腕候補を増やしたいという思いから指名に踏み切ったそうです。

開幕を二軍で迎えますが、二軍での起用があまり安定しません。
前半戦18試合に登板していますが、そのうち4試合が先発、14試合が中継ぎでの登板になっています。
球団がどういう方向で齊藤投手を使っていくのか、後半戦での登板が楽しみですね。

齊藤大将・二軍成績

二軍 登板 勝利 敗戦 ホールド セーブ 失点 自責点 防御率 投球回 与四球 死球 奪三振
齊藤大将 18 0 5 - 1 25 25 5.08 44.1 26 6 33

 

 

馬場皐輔(阪神タイガース・外れ外れ1位)

馬場皐輔
NPB公式サイトより

馬場 皐輔(ばば こうすけ

投手・右投げ右打ち

1995年5月18日(23歳)

仙台育英高 → 仙台大 → 阪神(2017ドラフト①)

初登板:6月21日 オリックス戦 先発
奪三振:6月21日 オリックス戦 山崎福也から空振り三振(2回表)

大学時代は最速155km/hのストレートと高い奪三振能力でその名を馳せており、特に2017年の秋シーズンは37回を投げて60奪三振5四死球と圧倒的な成績を残しました。
その後のドラフトで阪神に1位指名され、エースナンバーである背番号「18」を与えられます。…もっとも、阪神の場合「背番号18は大成しない」というジンクスがここ最近できてしまっているので、そのジンクスを打ち破るような活躍を期待したいですね。

馬場投手は開幕を二軍で迎えましたが、5試合に投げて防御率1.89と安定した投球を続け、6月21日に初昇格・初登板を果たしました。
6回を投げて1失点と好投するも残念ながら勝ち負けはつかず、その後22日に再び抹消されてしまいました。
とはいえ抹消後も好投を続けているので、後半戦での再昇格に期待がかかりますね。次こそは初勝利を掴んでもらいたいところです。

馬場皐輔・一軍成績

一軍 登板 勝利 敗戦 ホールド セーブ 失点 自責点 防御率 投球回 与四球 死球 奪三振
馬場皐輔 1 0 0 0 0 1 1 1.5 6 2 0 5

馬場皐輔・二軍成績

二軍 登板 勝利 敗戦 ホールド セーブ 失点 自責点 防御率 投球回 与四球 死球 奪三振
馬場皐輔 6 3 1 - 0 7 6 2.08 26 6 0 32

 

 

吉住晴斗(福岡ソフトバンクホークス・外れ外れ外れ1位)

吉住晴斗
NPB公式サイトより

吉住 晴斗(よしずみ はると)

投手・右投げ右打ち

2000年3月12日(18歳)

鶴岡東高 → 福岡ソフトバンク(2017ドラフト①)

一軍・二軍出場なし

吉住晴斗投手はまだ一軍・二軍出場を果たしていません。

鶴岡東高時代は最速151km/hの本格派としてプロからも注目されていましたが、まさか1位で指名されるとは思っていなかった人も多いのではないでしょうか。
スカウトの評価を聞くと完全に素材を見込んでの指名だったようなので、しばらく一軍には上げずに下でじっくり育てていくのだと思います。

現在は三軍でしか投げていませんが、被安打と与四球がかなり多く、早くも壁にぶつかっている印象があります。
後半戦もおそらく一軍でお目にかかることはないかと思いますが、ソフトバンクのコーチ陣が彼をどう育てるのか、長い目で見守っていきたいですね。

吉住晴斗・三軍成績

三軍 登板 勝利 敗戦 ホールド セーブ 失点 自責点 防御率 投球回 与四球 死球 奪三振
吉住晴斗 11 0 4 - 0 30 26 10.028 23.1 28 2 24

 

【永久保存版】 ホークス80年史 〈Vol.1〉 投魂継承 (B.B.MOOK1408)

【永久保存版】 ホークス80年史 〈Vol.1〉 投魂継承 (B.B.MOOK1408)

 

 

中村奨成(広島東洋カープ・1位)

中村奨成
NPB公式サイトより

中村 奨成(なかむら しょうせい)

捕手・右投げ右打ち

1999年6月6日(19歳)

広陵高 → 広島東洋(2017ドラフト①)

一軍出場なし

中村奨成選手はまだ一軍出場を果たしていません。

広陵高3年の夏、清原和博が保持していた一大会本塁打記録を更新するなど、強烈なインパクトを残した中村奨成選手。
「地元の高卒選手は指名しない」と言われていた広島が指名権を獲得し、入団しました。

キャンプから二軍に帯同し、開幕もそのまま二軍で迎えます。
打撃でも守備でもまだまだ課題があるようなので、おそらくはしばらく二軍でじっくり育成することになると思われます。

一軍にはバリバリレギュラーの會澤翼選手がおり、二軍には超有望株の坂倉将吾選手もいるので、コンバートするかどうかも含め、今後広島がどう育成していくかが楽しみですね。
広島カープは主に育成の力で連覇を果たすまでに強くなったのですから、中村選手の将来にも大いに期待していいでしょう。

中村奨成・二軍成績

二軍 試合数 打席数 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 三振 四球 死球 打率 出塁率 長打率 OPS
中村奨成 55 152 142 30 6 0 3 10 21 10 0 0.211 0.317 0.263 0.58

 

 

ルーキー全員の前半戦成績一覧表

前半戦ルーキー野手成績(一軍)まとめ

一軍 試合数 打席数 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 三振 打率 出塁率 長打率 OPS
清宮幸太郎 23 74 69 12 2 0 1 2 29 0.174 0.246 0.23 0.476

前半戦ルーキー投手成績(一軍)まとめ

一軍 登板 勝利 敗戦 ホールド セーブ 失点 自責点 防御率 投球回 与四球 死球 奪三振
鈴木博志 40 4 3 11 3 17 14 3.35 37.2 16 1 32
田嶋大樹 12 6 3 0 0 33 31 4.06 68.2 24 4 69
原拓也 6 1 2 0 0 22 21 6.83 27.2 17 3 35
近藤弘樹 2 0 2 0 0 6 6 5.59 9.2 5 1 5
東克樹 13 6 4 0 0 28 26 2.79 84 25 1 79
馬場皐輔 1 0 0 0 0 1 1 1.5 6 2 0 5

前半戦ルーキー野手成績(二軍)まとめ

二軍 試合数 打席数 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 三振 四球 死球 打率 出塁率 長打率 OPS
安田尚憲 72 283 254 64 10 3 4 35 73 25 1 0.252 0.362 0.318 0.68
村上宗隆 73 320 272 78 17 0 10 49 64 47 0 0.287 0.46 0.391 0.85
清宮幸太郎 39 163 146 33 6 0 15 36 42 14 1 0.226 0.575 0.294 0.87
中村奨成 55 152 142 30 6 0 3 10 21 10 0 0.211 0.317 0.263 0.58

前半戦ルーキー投手成績(二軍)まとめ

二軍 登板 勝利 敗戦 ホールド セーブ 失点 自責点 防御率 投球回 与四球 死球 奪三振
田嶋大樹 1 0 0 - 0 0 0 0 3 0 0 4
原拓也 5 2 2 - 0 9 7 2.39 26.1 15 1 37
近藤弘樹 12 4 4 - 0 27 19 3.04 56.1 19 2 42
東克樹 1 1 0 - 0 2 2 2.57 7 1 0 6
齊藤大将 18 0 5 - 1 25 25 5.08 44.1 26 6 33
馬場皐輔 6 3 1 - 0 7 6 2.08 26 6 0 32

前半戦ルーキー投手成績(三軍)まとめ

三軍 登板 勝利 敗戦 ホールド セーブ 失点 自責点 防御率 投球回 与四球 死球 奪三振
原拓也 2 1 0 - 0 3 3 2.7 10 1 0 9
吉住晴斗 11 0 4 - 0 30 26 10.028 23.1 28 2 24