ふぃむろぐ!

プロ野球 語学 クイズ ペンギン etc.

ヤクルト・山田の40・40の可能性は?過去最も近づいた選手も紹介!

 

f:id:m0r1n:20180723174625j:plain

40・40(フォーティー・フォーティー)とは?

こんにちは、ふぃむろぐ!のwhimです。

昨日の試合後に野球のニュースを見ていたら、こんな記事を見つけました。

www.sanspo.com

22号はウラディミール・バレンティン外野手(34)に並ぶリーグトップ。2盗塁も決め、こちらもリーグトップの21盗塁。トリプルスリー(同一シーズン打率3割、30本塁打、30盗塁)はおろか、プロ野球史上初のフォーティー・フォーティー(40本塁打、40盗塁)への期待も高まってきた。

 
記事に書かれているように40・40とは「同一シーズンに40本塁打40盗塁を達成すること」で、2018年現在日本のプロ野球では達成者がいません。

トリプルスリーの上位互換のような記録なので、山田哲人選手のほかに、同じくトリプルスリーを達成した柳田悠岐選手(ソフトバンクにも達成の可能性が大いにあると言えるでしょう。
幸い2人とも狭い球場をホームにしているわけですしね。

 

山田哲人選手の40・40の可能性は?

現在22本塁打21盗塁をマークしているヤクルト・山田哲人選手。
単純計算ではありますが、このペースでホームランと盗塁を積み重ねると、シーズン終了時にはそれぞれ37本塁打、36盗塁をマークしている計算になります。

ただ、記事にもあるように、

7月は打率・416、5本、5盗塁と絶好調。冬は冷え性に悩まされる体が夏を迎えて温まってきた。

と夏場になって絶好調なので、それぞれ上方修正されて40に届いてもおかしくないでしょう。
今後のさらなる活躍に期待がかかります。

 

 

今まで40・40に最も近かった選手は?

さて、これからは今まで40・40を惜しくも達成できなかった選手をランキング形式でご紹介します。

40本塁打40盗塁にそれぞれどれだけ足りなかったか」で順位付けをしています。

 

1位 秋山幸二(元西武・福岡ダイエー

秋山幸二
秋山幸二オフィシャルサイトより

秋山 幸二(あきやま こうじ)

外野手・右投げ右打ち

1962年4月6日生(56歳)

八代高 → 西武(1980ドラフト外)→ 福岡ダイエー(1994〜2002)

1987年 130試合 43本塁打 38盗塁 (あと2)
1990年 130試合 35本塁打 51盗塁 (あと5)

日本プロ野球史上で最も40・40に近づいたのは、走攻守揃った史上最高の外野手として名高い秋山幸二でした。
1987年にはあと2盗塁というところまで近づきました。

この記録で特筆すべき点といえば、やはり130試合という少ない試合数でこの数字を叩き出したことでしょう。今と同様に140試合以上行える環境であれば、ほぼ間違いなく達成できたはずです。

 

 

2位 別当薫(元大阪・毎日)

別当薫
Wikipediaより

別当 薫(べっとう かおる)

外野手・右投げ右打ち

1920年8月23日(78歳没)

旧制慶應義塾大 → 全大阪 → 大阪(1948〜1949)→ 毎日(1950〜1957)

1950年 120試合 43本塁打 34盗塁 (あと6)

2位は戦後の球界を支えた人気選手・別当薫でした。

大阪タイガース時代は、ミスタータイガースこと藤村富美男とともに「ダイナマイト打線」を形成、毎日オリオンズに引き抜かれてからもその打棒でチームを牽引しました。

なお、この年には打率.335を記録しており、後述する岩本義行とともにプロ野球史上初のトリプルスリーを達成したことでも有名です。

 

3位タイ 岩本義行(元南海軍・松竹・大洋など)

岩本義行
Wikipediaより

岩本 義行(いわもと よしゆき)

外野手・右投げ右打ち

1912年3月11日生(96歳没)

旧制明治大 → 大同電力 → 東京倶楽部 → 南海軍(1938, 1940〜1942)→ 全広島 → 植良組 → 大陽/松竹(1949〜1951)→ 大洋/大洋松竹(1952〜1953)→ 水沢駒形野球倶楽部 → 東映(1956〜1957)

1950年 130試合 39本塁打 34盗塁 (あと7)

3位は戦前・戦後のプロ野球で活躍した岩本義行でした。

松竹時代に小鶴誠、大岡虎雄と形成したクリーンアップは「水爆打線」と呼ばれ、他球団から大いに恐れられていました。

コンスタントに本塁打と盗塁を記録するタイプの選手ではなかったものの、その2つが噛み合ったのが1950年。
前述の通り、この年は別当とともにプロ野球初のトリプルスリーに輝いた年でもあります。

 

3位タイ 張本勲(元日本ハム・読売・ロッテ)

張本勲
サンスポより

張本 勲(はりもと いさお)

外野手・左投げ左打ち

1940年6月19日生(78歳)

浪華商業高 → 東映/日拓ホーム/日本ハム(1959〜1975)→ 読売(1976〜1979)→ ロッテ(1980〜1981)

1963年 150試合 33本塁打 41盗塁 (あと7)

4位はご意見番としてもおなじみの張本勲でした。

今でこそ「野球大好きおじいちゃん」としか見られていない張本氏ですが(結構な頻度で炎上していますが…)、現役時代の実績は他を圧倒するものです。
バットを寝かせてスイングする独特なフォームで首位打者を7回獲得打率3割以上を16回記録。通算3085安打はNPB記録に認定されています。
安打のイメージが強い彼ですが、通算504本塁打を記録する長打力も持ち合わせており、また若い頃は盗塁を決める俊敏性も兼ね備えていました。

 

張本勲 もう一つの人生―被爆者として、人として

張本勲 もう一つの人生―被爆者として、人として

 

 

5位 山田哲人東京ヤクルト

山田哲人
NPB公式サイトより

山田 哲人(やまだ てつと)

内野手・右投げ右打ち

1992年7月16日生(26歳)

履正社高 → 東京ヤクルト(2010ドラフト①)

2015年 143試合 38本塁打 34盗塁 (あと8)

5位に山田哲人選手がランクインしました。

2014年に大ブレイクした勢いそのまま、数々の記録を打ち立てた2015年。
この年は本塁打王盗塁王を獲得しましたが、同時獲得は史上初のことでした。

日本人右打者最多安打2度のトリプルスリーなど、26歳の若さ、しかもセカンドという打力の劣りがちなポジションで様々な記録を打ち立ててきた山田哲人選手。
現状のペースを見ても、また彼の輝かしい実績を見ても、史上初の40・40を達成できる可能性は大いにあるとみていいでしょう。
ヤクルトファンの方のみならず、今後の山田選手の活躍に期待がかかりますね。

それではまた。